【フェイクニュース?】伝え方で印象が大きく異なる マスメディアの責任



男性教諭が児童に「窓から飛び降りなさい」(埼玉県)

埼玉県所沢市の公立小学校で、男性教諭が4年生の男子児童に「窓から飛び降りなさい」などと発言したり暴行を加えたりしていたことがわかりました。

所沢市教育委員会によりますと、7月12日、所沢市立山口小学校で、40代の男性教諭が担任するクラスの小学4年生の男子児童に対し、「窓から飛び降りなさい」「あしたから学校に来るな」といった発言をしたということです。また、帰りの会で、34人の児童がいるにもかかわらず、「あしたから33人で仲良くやりましょう」などと話したということです。

翌日、この児童と保護者が「怖くて登校できない」と学校に相談に訪れ、校長と男性教諭が謝罪しましたが、児童はその後欠席しているということです。

(省略)

引用元:Yahoo! <https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00010000-teletama-soci>




窓から飛び降りろ

私がこの事件を知ったのは、今朝のニュース番組でした。

そのニュースを聞いたときに受けた私の印象では、

この男性教諭が小4児童に対して、無意味に体罰やいじめの助長を繰り返し行っているように見え、強く憤りを覚えました。

『とんでもないヤツだ。こんなヤツ、教師の風上にも置けない。さっさと教員免許はく奪して、小学校を辞めさせろ。それになんで名前伏せて報道してるんだ?学校名と男性教諭の実名報道しろ。』

と。

しかし、先ほどその男性教諭を担任に持つ別の児童の親とみられる人のツイートを見かけました。それを読むと言動は報道と同じですが、受け取った印象がかなり違ったのです。

そのツイートがこちらです。

このツイートが作り話でないという証拠はどこにもありませんが、少なくとも男性教諭の行動にはこのような裏事情があったという可能性は大いにあります。

というか、私はこのツイッターの情報が真実と考えています。

マスメディアは恐らくこれが真実ではないと認識しておきながら、視聴率を稼ぐためだけにあえて誤認されるような形で報道を行ったのでしょう。そして実名報道してしまうと後々、男性教諭から訴えられる可能性があるのでわざと名前を伏せて報道しているのです。

一番の『とんでもないヤツ』はマスメディアかもしれません。

昨今のマスメディアの劣化はひどく目につきます。

このような印象操作はインターネットやSNSの発達により目立つようになっただけで、本当は以前から何も変わっていないのかもしれませんが、それにしても最近本当にひどい。

明らかに同業他社の報道を精査せずにそのまま自社で報道しているだけであったり、ひどいときにはツイッターの情報をそのままリツイートしただけのような報道であったりと、もはや開いた口が塞がりません。

マスメディアの方々には、公共の電波を使って発信している責任と自覚を持って報道して頂きたいです。

 

《皆様の反応》




コメントを残す