【特別重大報道】米独立記念日にICBM発射成功と挑発する北朝鮮



北朝鮮が特別重大報道「ICBM発射実験に初成功」

北朝鮮は4日、「特別重大報道」として、「ICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功した」と国営メディアを通じて発表しました。これに先立って、アメリカは、北朝鮮が発射したのは中距離弾道ミサイルだったという見方を明らかにし、関係国が分析を続けています。

発表によると弾道ミサイルは「火星14型」という名称でキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の命令で日本時間の4日午前9時半ごろに日本海に向けて発射され、933キロの距離を飛行し、高度は2802キロに達したということです。北朝鮮がICBMの発射実験を行ったと発表したのは初めてで、「核兵器とともにICBMを保有した、堂々たる核強国になった」と主張しています。

一方、これに先立ってアメリカ太平洋軍は、声明で、北朝鮮が発射したのは、ICBMではなく、中距離弾道ミサイルだったという見方を明らかにし、アメリカをはじめ、韓国など関係国が詳しい分析を続けています。

北朝鮮は4日午前9時39分ごろ、北西部のピョンアン(平安)北道クソン(亀城)付近から日本海に向かって弾道ミサイル1発を発射し、日本政府によりますとおよそ40分間飛しょうしたあと、日本のEEZ=排他的経済水域内に落下していました。

(中略)

米軍 ICBMの能力あるか詳しく分析

アメリカ軍は初期段階の分析の結果として、今回、発射されたミサイルは中距離弾道ミサイルだったという見方を明らかにしましたが、北朝鮮の発表を踏まえ、ICBM=大陸間弾道ミサイルの能力があるかどうかについて、詳しい分析を続けると見られます。

アメリカ政府の当局者によりますと、北朝鮮は今回、ミサイルを通常よりも角度をつけて発射し、高く打ち上げる「ロフテッド軌道」の手法を取った可能性があるということです。ロフテッド軌道では高度が高くなる一方、水平の飛距離は短くなるため、最大の飛距離を狙った角度で発射した場合に、実際にどこまで到達するかを見極めるには、さらなる解析が必要だということです。

北朝鮮がことし5月に発射した新型の中距離弾道ミサイル「火星12型」は、ロフテッド軌道で打ち上げられ、高度は2000キロに達する一方、飛距離は800キロだったと推定されています。これについてアメリカの研究機関は分析の結果、角度を変えて発射すれば最大の飛距離は4500キロを超える可能性もあると指摘しています。

(中略)

 

北朝鮮 ICBM開発の経緯は

北朝鮮は、射程がアメリカ本土に達する1万キロと見られるICBM=大陸間弾道ミサイルの開発を進めてきました。去年2月に北西部トンチャンリ(東倉里)の「ソヘ(西海)衛星発射場」から発射された、事実上の長距離弾道ミサイル、「テポドン2号」の改良型は、固定式の発射台を使用するタイプで、液体燃料が使われています。

これに対して、北朝鮮が開発を進めているICBMは、発射台となる車両を使う移動式で、固体燃料の使用を目指しています。注入に時間がかかる液体燃料と異なり、固体燃料は、扱いが容易ですぐに発射できるため、発射の兆候をつかむのが難しいからだと見られます。

北朝鮮によるICBMの発射が確認されたことはありませんが、これまで、首都ピョンヤンで行われた軍事パレードで大型の軍用車両に乗せられたICBMが過去4回、公開されています。このうち、2012年4月と2013年7月に登場したICBMは、「KN08」と呼ばれ、弾頭がとがっています。さらに、おととし10月に登場した、弾頭が丸みを帯びたICBMは、KN08の改良型と見られていて、韓国メディアが、「アメリカ軍と韓国軍が暫定的に『KN14』と名付けた」と伝えていました。そして、ことし4月15日に登場した、片側に7つの車輪がある大型のトレーラーに搭載されたミサイルは、これまでのICBMよりも長く、新型と見られています。

(省略)

 



米独立記念日に大陸間弾道ミサイル

7月4日はアメリカの独立記念日です。アメリカ人にとっては、国を挙げて祝うような特別な日です。

北朝鮮のICBM(イメージ)
北朝鮮のICBM(イメージ)

北朝鮮はたまたまこの日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射、そして特別重大報道をしたのでしょうか。そんなはずありません。アメリカを挑発するため、北朝鮮の脅威を煽るために予めこの日、米独立記念日を狙って発射したのことは間違いないでしょう。となると、実際に北朝鮮がICBM開発を終了していたのはいつか。少なくとも米朝関係が最も緊迫していた三か月ほど前の4月には、もうすでに完成していたのではないでしょうか。

しかし、もし4月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を撃てば、北朝鮮は即座にアメリカから報復攻撃を受けていたでしょうし、アメリカもあの状況では北朝鮮に対して報復攻撃せざるを得なかったでしょう。

アメリカの世論も日本の世論もミサイル発射を含む一連の北朝鮮の行動に対していい加減に呆れて飽きてきた、そして、アメリカの攻撃ムードが弱まってきた今日この頃を狙って、アメリカの『レッドライン』とされてきた大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した金正恩はさすがというべきでしょうか。やはり情勢を読む力は人一倍長けているようにみえます。

その証拠に、当の本人・米ドナルド=トランプ大統領は、Twitterでこんなことを呟いています。

トランプ大統領は『そろそろ日本や韓国は黙ってないぞ。中国にも強いお灸を据えられるだろう。』と言っています。完全に他国任せな発言です。

つまり、一番やる気だったアメリカはもう北朝鮮に対して特に何もやる気がないってことです。この様子だと、これからも北朝鮮のやりたい放題は続くでしょう。

日本の脅威は北にあらず

日本と韓国、それと中国もそうですが、北朝鮮のミサイル射程距離が今更延びたところで近隣国の北朝鮮の脅威レベルはさほど変化はありません。それは、近隣国に対しては大陸間弾道ミサイルでなくとも既存のミサイルであるノドンやスカッドで十分届くからです。

安倍総理『新たな段階の脅威』
安倍首相『新たな段階の脅威』

それなのに、安倍首相は『北朝鮮が新たな段階の脅威であることを明確に示すものである。』と相変わらず脅威を煽ります。そして、アメリカはなぜ北朝鮮が『レッドライン』を超えたのに動かないのか。

そういえば先日、韓国は対北朝鮮ミサイル防衛用として役に立つか分からない非常に高価な防衛システム「THAAD(Terminal High Altitude Area Defense missile)」をアメリカから強引に買わされましたね。

北朝鮮が周辺各国にとって強い脅威であるほど、そしてその状態が長く続けば続くほど、周辺各国は軍事費に予算をまるで湯水のように注ぎ込み、続々と軍備強化をしていきます。

これから彼らが一体何をしようとしているのか、私たちはそろそろ気づくべき時なのかもしれませんね。


《皆様のご意見》



コメントを残す