ANKERってメーカー、知ってました?

皆さんはANKERってメーカーをご存知ですか?

私は先ほどまでよく知りませんでしたので、ちょっと調べてみました。

ここ数年で急成長している会社のようですね。(以下引用)


急速充電器やモバイルバッテリーで必ず目にするAnkerって何だ、中国企業って知ってた?Anker成功の秘密ANKER

引用元:<http://gadgety.hatenablog.com/entry/anker-history>
 

 Amazonで買い物をするといつも出てくる『Anker』、レビューも賞賛の嵐で毎度ベストセラーの一流企業。CEOは元Googleの従業員だとか、米Amazonで商売を始めたってこと以外に何か知ってます?

CEOの陽萌氏は中国で『80後』と呼ばれる『海亀族』

AnkerのCEO陽萌(Meng Yang)

 こちらがAnkerのCEO陽萌(Meng Yang)さんのご尊顔です。素敵な笑顔ですね。1999年に北京大学に入学したとありますから、そのとき飛び級なしの18歳だと考えると今は33歳、34歳でしょうか。若いCEOにも驚きですが、世界の市場を席巻しているその実力に一番驚かされます。

当初「Anker?そんなの知らねーよ。」と思っていましたが、今や知らない人はいないぐらいの存在感です。2011年7月に本格的に中国に本社を構えてスタートを切ったのだから、始めた当初は知らない人が多いのも無理はありません。

日本では2009年創業となっていますが、当時副業としてやっていたもので、中国では『Googleという大企業を捨てて、全ての財を投げ捨てて2011年ゼロから母国で企業した』というスタンスでやっています。

日本だと『凄腕の元Google技術者が確かな技術とGoogleでのノウハウを活かしてスピーディな独自開発を続ける安心安全の企業』といったところでしょうか。

 国によって消費者のニーズや好みが分かれることはCEOは充分理解しており、例えば中国国内だと白いカラーが好まれ25W5ポートの安価な商品が売れるが、米国では黒が好まれ60W6ポートの高性能な商品が売れるなど地域によって戦略を変えるべきだと考えているようです。

上記も中国では『母国愛』日本では『信頼と技術』を売りにし、そのマーケティングの一端を知ることができます。日本においては『中国』というワードを隠して『元Google』という言葉が独り歩きしている印象さえあります。

 起業の始まりを調べると実際は『すべてゼロから』というわけでなく、日本でいうように2009年からコツコツ独立のための準備をしていて、軌道に乗ったところで中国に帰国し、元Google中国のCEOである趙東平さんを経営に迎え入れたり、準備は万端でした。

『財を投げ捨て』という表現も確かに当時200万元(約3800万円)近い年収をもらっていたGoogleを退社しましたが、2012年には1億元(約19億円)稼ぎ出してます。まぁ、物は言い様です。

(※AukeyのebayやAmazonの成功があるので2009年以前から計画があったのかもしれません)

 2010年3月に中国撤退を表明したGoogle Chinaの運営トップである趙東平(Dongping Zhao)とタッグを組んで2011年7月から中国の湖南省で会社を始めたというところでもすでにドラマですね。湖南省というのは毛沢東の出生地としても有名ですし、ちょっときな臭い感じも受けます。

起業当時の5名のコアメンバーの内4名が元Google社員です。2009年の前身会社のメンバーがそのままコアメンバーに残っていると予想されますが、邪推して、中国撤退前から水面下でヘッドハンティングをしていたのか、撤退を知って引抜を本格的に始めたのかそのあたりは不明ですが、結果として優秀なGoogle社員を会社の中心において大成功を収めています。

(ANKERについて、続きを読みたい方はコチラ


一昨日、スマホの携帯用充電器が欲しいなと思って、何気なくAmazonで安いモバイルバッテリーUSB-Microケーブル[3m]をポチって購入してみたんです。

そしてつい先ほど、注文した品物をヤマトさんが届けてくださいました。

早速開けてみたんですが、こんな↓感じです。商品のレベルの高さにビックリ。

USB-Micro

USB-Micro梱包箱

モバイルバッテリー

モバイルバッテリー梱包箱

安い値段(モバイルバッテリー¥1,299【購入時】/USBケーブル〔3m〕¥1,299【購入時】)のわりには強固でとても丁寧に作られており、品質が極めて高く、梱包箱も綺麗できっちり日本人が設計したようなつくりになっています。

また、今回購入したモバイルバッテリーはUSB接続部が2個口付いており、自らも充電しながら2台同時に給電が可能という優れものです。おまけに、緊急時用にソーラー充電機能とLED懐中電灯機能までついていました。

引用記事内にもありましたが、本当に中国製には全く見えません。

どの製品を買っても、すぐにケーブルの断線やその他箇所に不良が起きちゃうサン○サプライや、ELEC○Mなどの老舗サプライメーカーなんかよりよっぽど信頼性高いです。

このメーカーから商品を買ったのはこの2品だけなんですが、一気にファンになってしまいました。

中国に対する私の印象としては、今まで単純に「安かろう、悪かろう」というイメージだったんですが、ANKERの登場で180度がらっと変わってしまいました。最近はこのようなメーカーも少なからず出てきているようです。

正直これ、自宅警備員の私が言うのもなんですが、日本の国内企業に勝ち目はあるんでしょうかね( ‘ω’)…。


<追記>

後日、気付いたのですが、モバイルバッテリーの方は「Poweradd Apollo2 10000mAh ソーラーチャージャー」というもので、ANKERではありませんでした。完全に私の思い込みです!訂正させてください(笑)

でもこちらも本当に良いものには変わりないです。

コメントを残す